トップページ > 女性の薄毛に関する知識 > 女性と男性では薄毛の原因が違います

女性と男性では薄毛の原因が違います

女性と男性の薄毛は、まるで原因が違っているので育毛剤も女性用と男性用で使い分けるべきです。
女性の薄毛は、血行不良による乾燥が大きな原因になっています。
男性の場合は、男性ホルモンの影響が大きく、頭皮は皮脂の過剰分泌でベトベトで毛穴が詰まった状態が多いです。
まるで頭皮環境が違うのですから、育毛剤も症状に応じて使い分けましょう。
女性は、冷え性の方が多いですが、血流が滞ると冷えるのは手足だけでは無く、頭皮の血行も悪くなっています。
女性の薄毛に悪影響を及ぼしているのは、ストレス、偏った食生活、運動不足、寝不足、生活習慣、喫煙、ケミカルパーマ・カラー、シャンプーのし過ぎ等があります。
シャンプーは毎日するものと当然のように思っている女性も多いと思います。
石油系合成界面活性剤は、洗浄力が強力で、本来なら必要な皮脂まで奪い、乾燥を起こす原因になります。
最近では、ハーフモデルの方もシャンプーは1日おきにして残りは湯シャンのみという発言をしていました。
お湯で地肌を洗うだけで汚れの8割以上は取れると言いますから、洗いすぎを心配するなら、そのような工夫も大切でしょう。
思い当たる生活習慣はなるべく改善するのと同時に、女性用育毛剤を使って頭皮環境を改善するというのが大切です。

お悩み別ランキング

女性用の育毛剤 商品一覧

目的別ランキング

女性の育毛について

お問い合わせ