トップページ > 女性の薄毛に関する知識 > 20代でも増えている女性の薄毛

20代でも増えている女性の薄毛

最近は、20代の若い女性でも薄毛が増えているということが深刻化しています。
男性の額や頭頂部から集中的に薄毛になるのとは違い、女性の薄毛は頭部全体が徐々に薄くなるというケースが多いです。
原因は、間違った洗髪、ケミカルカラー、ケミカルパーマ、ストレス、喫煙、偏った食生活、寝不足、冷え性等が挙げられます。
安価な石油系合成界面活性剤が添加されたシャンプーは、必要以上に洗浄力が強い上に、界面活性剤が頭皮に残りやすいです。
よくスーパーやドラッグストアで298円などで安売りされているシャンプーがこれに当たります。
必要以上に皮脂を奪うので、慢性的に頭皮が乾燥して硬くなった状態になりますが、気が付かずに毎日、一生懸命洗ってしまうことが逆効果です。
また、現代女性は、毎月のように美容院に行ってカラーやパーマをオーダーしている方が多いと思います。
少なからず頭皮に悪影響を及ぼすため、頭皮につけないようにオーダーしたり、回数を減らすなどの対策も有効です。
ストレスや寝不足、冷え性などの方は、慢性的に頭皮が血行不良を起こしているため、健康な毛が生えてきにくくなります。

お悩み別ランキング

女性用の育毛剤 商品一覧

目的別ランキング

女性の育毛について

お問い合わせ